心を込めて故人を偲ぶ「家族葬」

  • 家族葬に関しての考察

    • 現代は冠婚葬祭に対しての考え方が非常に変わってしまいました。


      昔は冠婚葬祭こそが人生における娯楽であり、楽しみとする人が大多数だったのです。

      日本経済新聞の情報が詰まったサイトです。

      しかし現代ではそれほど冠婚葬祭を重要視しない傾向が強まっています。


      そのため昔のように冠婚葬祭のために貯金する人も少なくなっているのです。
      その背景にはデフレ経済と言う不景気も大きく影響しているのは紛れもない事実です。

      サラリーマンの年収が伸び悩んでいるので、冠婚葬祭に備える余剰なお金が出てこないと言うことも事実なのです。

      とくに沿うs気に関してはほとんど何の準備もしない人も少なくありません。
      そこで遺族は身内が亡くなっても、昔のように盛大な一般葬を執り行ってあげることができないのです。
      そこでコストが安くつく家族葬や直葬を選択する家族も多くなっているのです。

      家族葬はごく限られた身内や家族10名程度で執り行うお葬式を指します。

      一般葬の三分の一の費用、つまり30万円前後で家族葬を執り行うことができるのです。


      直葬は葬儀会場を抑えず、そのまま火葬場で読経しお別れをする葬式のスタイルです。


      直葬の場合は15万円前後で執り行うことができるのです。少人数の参列者で少しさみしい葬式のように感じがちですが、かえって故人とじっくり向き合い思い出を回想し、きちんとお別れを告げることができるので非常にアットホームで温かみのある忘れがたいお葬式になるのです。



      費用が安くても遺族の気持ちが何よりも大事なのです。