心を込めて故人を偲ぶ「家族葬」

心を込めて故人を偲ぶ「家族葬」

家族葬とは、家族や親しい身内などごく内輪で行う葬儀のことです。



別途日を改め本葬を行う密葬とは違い、お通夜・告別式から火葬まで身内のみで完結します。医療の発達で寿命が延びたことにより定年退職してからの時間が長くなり、会社・職場関係の知人・友人も少なくなっているため、身内だけのシンプルな葬儀にしたいと考える人が増えてきているようです。

家族や親族だけしか列席してはいけないというわけではなく、故人が親しくしていた友人など故人の死を悲しまれている人に参列してもらうことも出来ます。

親しい身内のみで行うため、弔問客に気を使うことなくゆっくり故人とお別れが出来きるということがメリットのひとつです。
基本的な葬儀の流れなどは一般的なものと同じ。
しかし、身内だけで行う家族葬ですから、しきたりやマナーは柔軟に考えて、故人の好きだったものを並べたり、音楽をかけたり、身内同士で故人の思い出話は語り合ったり、心のこもった葬儀にすることが可能です。



親戚やご近所、故人と付き合いがあった方、家族の会社関係者などにお知らせする際は、近親者だけで行う家族葬であることを伝えることが必要です。
必要があれば、列席や香典をお断りする旨を伝えることもあります。

マイナビニュースについて詳しく知りたいならこのサイトです。

家族葬の費用ですが、基本的な葬儀と必要なものは同じですので、必ずしも大幅に安くなるというわけではないのですが、少人数で行うため、葬儀係員の人数や葬儀場の設備費用、通夜振舞い・返礼品等の費用が抑えられます。

  • 人に言いたい社会

    • 家族葬とは1990年代後半より故人の意向に沿って家族や親戚のみなど少人数制で葬儀を執り行うことをいいます。少子高齢化や核家族化の増加、地域住民との関わり方の変化など様々な要因によって徐々に執り行われる機会が増えてきました。...

      detail
  • おすすめ情報

    • 現代は冠婚葬祭に対しての考え方が非常に変わってしまいました。昔は冠婚葬祭こそが人生における娯楽であり、楽しみとする人が大多数だったのです。...

      detail
  • 知りたい社会事情

    • 日本では昔から人が亡くなると一般葬と言うスタイルの葬式が執り行われていました。知人、友人、親戚にできるだけ広範に訃報を伝えて葬式に参列してもらうのが一番の弔いかたであると信じて疑いませんでした。...

      detail
  • 社会の重要知識

    • 家族葬をするメリットとして挙げられるのがアットホームな葬儀を行うことが出来る点です。近年家族葬を希望される方が多くなっていますが「本当に自分のことを思ってくれている人だけで葬式を行ってほしい」という願いが含まれているようです。...

      detail